文化・芸術

2017年5月22日 (月)

広谷喜十郎の歴史散歩 283


     虫めづる姫君??

 孫の通う幼稚園では、自然とのふれ合いを大切にしている。「すくすくの森」を持ち、園庭に小さいながらも田圃がある。「しろかきをした」、「田植えをした」と、体験を報告してくれる。浦ノ内湾の浅瀬で海の生き物にも触れる体験にも行ったようだ。

 5月初旬の雨で我が家の庭は、急速にジャングル化してしまった。手入れをお願いしたら、蜂の巣・メジロの巣が現われた。庭師さんが孫さんにとそれをそっと取置いてくれた。
 蜂の巣は、殺虫剤で蜂の殺処分をしてもらったので、幼稚園へ届けた。先生が調べ、幼虫が生きているからとケースに入れて観察教材にされている。
 調べてみると、コダカスズメバチで、巣の形はとっくりをさかさまにしたような、細長い先端が下についたかたちをしている。造形作家の作品のようである。
 もう一つ、金明竹に「メジロ」が巣を作り、子育てを始めた。これも庭師さんがお孫さんにと、保護してくれた。
 孫がご挨拶をし、人との付き合いをするからのことであろう。人は1人では生きて行けない。他人と交わることを徐々に学んで欲しいと、願っている。

Dscf4292


Dscf4298


Dscf4299


Dscf4312


2017年5月17日 (水)

広谷喜十郎の歴史散歩 282

     平尾道雄先生と現代

 昨5月15日に「平尾学術奨励賞」の贈呈式が行われた。選考委員として出席した。この賞は、1979年に逝去された平尾道雄先生を記念して創設された。歴史・考古・民俗分野で優れた成果をあげた県内の研究の研究者を表彰している。大学で専門的に研究している先生方を除外しているのが、特色である。私も第2回目に受賞した。
 今年は、第38回目になる。2人の研究者が選ばれた。平尾先生の精神が現在にまで、生き続けていることを実感する。
 最近は、歴史の面白さを強調した観光宣伝が多くなった。それには、歴史の研究が十分になされた上で、裏付けの積み重ねがなされることが重要である。
 平尾先生の遺志を受け継いでいく研究者が育ってもらいたいものである。
 会が終り外に出ると、南の空に虹と何か不思議な現象!!  
 16日付の新聞によると、「環水平アーク」(虹)と太陽の暈(ハロ現象)だそうだ
 お茶目なところもある平尾先生だったから、様子を見に来たのかな。とも、思った。

Dscf4279


Dscf4282


2017年5月 6日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 281

     IT時代

 世の中が浮き立っているゴールデンウィーク。人並みに休暇を得た次男が老骨を連れ出してくれた。
 宿毛・宇和島方面へ。懐かしい足摺の海を見たり、妻の昔の教え子に再会した。
 翌日、宇和海に沿って北上した。宇和島湾に面した港にある「回天寿司屋」で昼食。寿司ネタは、以前に訪ねたとき同様新鮮で美味しい。驚いたことは、注文方法。以前同様書いたり、声かけも出来る。が、席にあるタッチパネルで注文する。高知市内でも先日食事に行った店で、この方式であった。
 我が家のパソコンとプリンターの接続も無線LANである。私には、全く手も足も出ない。
 30年程前、図書館の職員であった時分のことである。工学部の学生であった長男が、我が家の書庫の整理にも、図書館の本の整理にもIT化が必要と奨められた。提案をしてみたが、同僚の猛反対でボツ。我が家の書庫も未整理状態。これは、何とかせねばならない。
 今では、銀行員が小型の機器を提げて来て契約したりする。携帯電話とパソコンは、不可欠な時代になった。化石人間になったことは情けないし、仕方がないだろう。

Dscf4267


Dscf4266


2017年4月24日 (月)

広谷喜十郎の歴史散歩 280

      鯉のぼりの季節
 
 花散らしの雨風が強く、桜の季節が一気に終ってしまった。
 近所の農家の庭先にどっしりした2基が作られていた。長い孟宗竹も用意され、準備完了?であった。鯉が泳ぐのを待ちかねていた。
 22日、待望の鯉のぼりが上がった。からからと金属製の風車もまわっている。もう1つの竿には、縦のぼりで家紋がつき、大きな赤鯉と金太郎が描かれている。
 この辺りも、農地が少なくなり住宅街になってしまった。男の子が生まれたよ、元気だよと、お家の喜びが発信されているようだ。
 澄みきった空には、トンビが輪をかいて飛んでいる。

 四万十町十和の川渡し、佐賀町のカツオのぼり、いの町仁淀川の川に泳ぐ鯉、各地で競ってアイデアを出し進化している。
 商店街では、フラフで初夏らしさを演出している。
 
我が家では、5才の孫が朝顔の種まきをした。カツオが美味しくなったし。

Dscf4228


Dscf3540


2017年4月 8日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 279


近所でお花見

 先の日曜日、近所の大谷公園でお花見をした。5才の孫がよく行く公園を皆に紹介したく、ママのお誕生日も兼ねて計画した。
 先日食事会をした折、貰ってきたパンフレットにより妻がお弁当を注文した。花粉症の孫は、専用めがねをかけながらも走り回って、皆に公園を紹介し楽しんでいた。
 
 朝倉といえば、女性天皇・斉明天皇を祀る朝倉神社に因んだ地名である。国立高知病院の前の鵜来巣から針木集落辺りまで、海であったと云われる。「乙女湊」など地名があったこと等からも理解できる。やがて、海岸線が後退して人家や水田耕作も行われるようになるが、湿地帯故の苦労が多々あったようで、何かと語り継がれている。
 昔は、「網代谷川」と呼ばれていた。この地の開発に伴い、大谷団地が出来、公園が設けられた。
 この公園には、遊具も各種あり、手入れもされている。

Dscf4198


Dscf4199


Dscf4202


Dscf4204


2017年3月31日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 278


古代ムラサキ草の復活

 今年の賀状の中に、四万十町の蕨川正重さんからのものが無く、心配していた。寒中見舞いのハガキが届いた。昨年10月に、90才で亡くなられたとのことであった。
 蕨川さんとの付き合いは長く、『十和村史』をまとめていた折から、何かと教示されることが多かった。
 私が、万葉集のロマンを伝える「古代ムラサキ」の復活に火をつけた。それを実地に実現して「ムラサキ草」を栽培してくれた人である。
 江戸時代前期、野中兼山が公布した掟書のなかに「幡多郡や高岡郡の山中に、ムラサキ草があるからこれを増殖させよ」と命じている。この自生地は何処だろうか。十和村あたりだろうか。蕨川さんにお願いした。
 以前、元牧野植物園長であった故・山脇哲臣さんからこの草の存在を伺ったことがあった。かつて、四国カルストで1本だけ見たことがあるが、絶滅危惧植物で見たことがないとされていた。
 蕨川さんから連絡が有り、十和村の山奥に自生地があると聞き驚いた。そこから採取した種を自己所有の畑に播いて育て、その種子を植物園や各地の篤志家にも分けている。
 蕨川さんの遺志を受け継いで、成果をあげて欲しいと願っている。
 
「紫は灰さすものぞつば市の八十のちまたに逢へる子や誰」万葉の時代,紫根染めをさりげなく詠み込んだ歌が、奈良県桜井市三輪山のすぐ近くに残っている。(今東光筆の歌碑が建立されている。)
 
Dscf4185


Dscf4189


Dscf4188


Dscf1499


2017年3月21日 (火)

広谷喜十郎の歴史散歩 277

    またまた淡路島へ

 次男がまたまた淡路島へ連れていってくれた。加齢に加えて体力が衰えたのを案じて、休日に遠出をさせてくれる。
 この連休には、淡路島の穴子料理を食べにいった。あなごの天ぷらは、四国内でも食べられるが、「地産地消の贅」を看板の「あなご弁当」を食べに行った。
高知では、うなぎの蒲焼きというところである。以前に、名古屋のすし屋であなごの1匹のった寿司を試みたことはあったが、椎茸を混ぜ込んだ飯に鎮座したあなごはなかなか美味しかった。
 美味しいものには人が群がるから、食するためには忍耐がいる。
 心身が満足し、帰途についたら、道路沿いの紀伊水道の海面がピンク色だ。車を停めてみると、ゴミが散乱。産廃ではなく、個人的なゴミ投棄だ。心の慚愧が求められる。
 我が古里・地球を守ろうではありませんか。

Dscf4148


Dscf4149


Dscf4153


Dscf4157


2017年3月 9日 (木)

広谷喜十郎の歴史散歩 276

    こおち、こうち???
 
 先頃、近親が集まり、城西館で食事会をした。昔、今上陛下や皇太子殿下に召されたことがあったので懐かしかった。
 今回は、5才になった孫娘がしっかりとした挨拶をし、爺・婆はウルウル。緊張することも無く、美味しく楽しく食事をした。
 お膳の上の「箸袋」の表記を見て??となった。折しも、幡多郡十和の訓みの疑問。「とおわ」なのか「とうわ」なのか??

 現在の高知城のある山名は、数百年前から大高坂山と呼ばれていた。大高坂松王丸の居城であった。江戸時代初期、山内一豊が入国し築城した折、「河中(こうち)山」と改名した。
 その後、五台山の空鏡上人から「高智山」と改名してもらったという記録がある。五台山の仏様の高い智恵を授かりたいとの強い思いから。河中と高知は、同じ字音であるから高知になったという。
Dscf4145_2


Dscf4127


Dscf4123_2


2017年2月25日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 274


      雛の節句

 孫娘も5才になった。もうすでに、雛飾りをしてある。お菓子やごちそうを待ちわびて、あれこれ注文を述べている。
 知人で「桃子さん」がいる。この頃に、生まれたと云う。妻が買い物に行く途中のお家で桃の花が満開であったと、嬉しげに話していた。そのお家にもお嬢さんがいるという。
 このところ、正月は淡路島へいく。そして、伊弉諾神宮に詣る。その由緒書でも「伊弉諾大神が黄泉の国に立ち入られたとき、桃の実の霊力によって醜鬼から逃れた。当神宮の最重儀である粥占行事(一月十五日)で桃の小枝の薪で邪気を祓い粥を炊き上げるのもこの故事に由来する」とある。    「神桃絵馬」は悪気祓い、魔除け、厄除の力があるとして参詣者に提供している。
 高知市桂浜に近い三里地区は、かつて桃の里として知られていた。そこに、明治13年3月2日田中貢太郎が生まれた。彼は、後に作家として有名になる。ペンネームを「桃葉」と名付けている。桂浜に記念碑が有り、近くにも師・大町桂月の碑もある。名月の夜、両人とも酒好きであったからこの地の酒供養祭がおこなわれている。

Dscf4113


Dscf1147


Dscf1265


Dscf4120


Dscf4122


2017年2月 7日 (火)

広谷喜十郎の歴史散歩 273

    恵方巻から立春へ

 2月3日の節分。最近は、縁起のよい方に向かって巻寿司を食べると福がやって来ると宣伝されている。数年前までは、煎り大豆を齢の数だけ包み辻に置いてくる、とされていた。今年も辻に置かれた紙包みの大豆が哀れである。
 「恵方巻」のほうが、環境保全のためにも近所迷惑にもならず有効であろう。恵方巻の風習は、関西地方が発祥の地だと言われているが、海苔問屋あたりの宣伝だとの説が有力である。最近になり、大手コンビニが目を向け、スーパーやコンビニの競争商品になっている。
 我が家では、食物アレルギーのある孫のためにお婆ちゃん特製のり巻きを作った。5才の孫娘は、2本をペロリと平らげた。爺は、目尻が下がるのみである。こうして、春を迎える行事が後世に伝わることは嬉しい。
 湯浅浩史著『植物と行事』(朝日新聞刊)によると、節分の日の豆まき行事が有名になっているが、ヒイラギを出してくる方がもっと古くからあるという。
〈文献上では、千年もさかのぼる。平安時代、紀貫之は元旦に都を偲び「今日は都のみぞ思ひやらるる。小家の門に端出之縄、なよしの頭、ひひらぎ等いかにぞ言ひあへる。」と『土佐日記』に書いた〉と、紹介している。ここでの魚「なよし」はボラだという。なお、別書によると、豆まきは中国伝来の行事で、後代の室町時代だというからヒイラギの行事は古くから存在してたことになる。
 サンタさんが持ってきてくれた愛車に乗って、散歩に出かけた孫は、春を告げる草花を「お土産」と、爺に持ってきてくれる。


Dscf4106

Dscf4057_2


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー