« 広谷喜十郎の歴史散歩 317 | トップページ

2018年5月 9日 (水)

広谷喜十郎の歴史散歩 318

   八十八夜

“夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る 「あれに見えるは茶摘みじゃないか…”
の季節になった。
 ゴールデンウィークの最終日、高知県山間部・梼原町にある温泉(日帰り利用)へ行ってきた。このホテルは、地元産の杉をたっぷり使っている。この町は、いま最も輝いている建築家・隈研吾氏設計の建築群で知られる町になった。隈氏は、新東京国立競技場の設計でも知られる。高知県立林業大学校校長にも就任され、後進の育成にも力を発揮している。
 かつては、土佐のチベットとかいわれ、新任教員にとっては忌避したい地であった。道路が改良され、高知市から2時間程で行くことが出来る新しい魅力的な町になっている。
 温泉で癒され、隣町の津野町の道の駅で新茶の試飲をさせてもらった。まろやかな茶に口福が訪れた。この茶は、高知市内や近郊の食堂でも供されている(新茶ではないが)。
 この地は、四国カルスト山地の中腹、いわゆる津野山街道沿いにある。山の中腹辺まで茶畑が広がっている。「四万十川源流地」でもあり、土佐茶の名産地にもなっている。
ここの山茶は、昔から香り高いことで有名であった。静岡県などの茶問屋が、香りづけのために大量に買付けにやって来ていた過去がある。
 現在は、地元の若者が「足元の宝物・茶」を地域振興に繋げるよう頑張っている。道の駅の裏山は、「鶴松ヶ森」。初心者(?)でも楽しめる登山口になっている。


隈氏設計のホテルと湯棟との連絡橋
Dscf5166


Dscf5168


Dscf5169

« 広谷喜十郎の歴史散歩 317 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/66701187

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 318:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 317 | トップページ