« 広谷喜十郎の歴史散歩 307 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 308 »

2018年1月20日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 306

      丸亀うちわ

 新年の第1号には「丸亀うちわ」を書こうと、丸亀のホテルを予約していた。初詣に足を止めた神社で興味深いことにぶつかって、団扇は今回のテーマになった。
 子供の頃から、台所で使われていた「渋うちわ」。「丈夫で長持ち」戦後日本のお題目であったと思う。JR丸亀駅に、うちわと同じく竹と和紙で作られた凧が飾られたと知り、見に行った。名物になったご当地グルメ「骨付鳥」もいただき、海岸近くのホテルに入った。
 丸亀では、団扇の全国シェアーの90%程生産されると云う。七輪・おくどは、戦後の台所の必須であった。火吹き竹・団扇が活躍していた。妻は、おくどでご飯が炊けないのは、落ちこぼれだと厳しくしつけられたと云う。(数年後には、電気炊飯器・石油コンロ、ガスが普及したが。)
 「丸亀うちわ」の技術は、江戸初期までに確立していたとされている。寛永10年になると、金毘羅参りのお土産として朱色に丸金印の「渋うちわ」作りが考案され、うちわ作りが盛んになった。平成9年には、国の伝統的工芸品に指定された。
 「伊予竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」と唄われる丸亀うちわは、材料すべてが近隣で整えられる土地である。そして職人の手仕事による技の集大成の結果である。
 うちわは、涼を取る、料理を冷ます、炊事・起火、陽除け、虫を払うその他いろいろの用途に使われてきた。用途に合わせた形、図柄種類が存在し親しまれ愛用されてきた。
 丸亀港は、海の玄関口であり、本州および塩飽諸島とを結ぶ海上交通の要衝として重要な位置である。中世以前から天然の良港として栄えてきた。江戸時代に入っては広く信仰を集めた金毘羅参詣のための、通称「金毘羅船」の定期航路も開設され、大いに賑わった。常夜灯の役目の「太助灯籠」をはじめとする3基の大灯籠は、今も健在である。
 諸島部やこの地方の塩気の水で米飯を炊くために、土佐の発酵茶・碁石茶が好まれていた。何度も取材に行った記憶がある。


Dscf4892


Dscf4894


Dscf4888


Dscf4914


« 広谷喜十郎の歴史散歩 307 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 308 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/66269522

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 306:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 307 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 308 »