« 広谷喜十郎の歴史散歩 304 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 307 »

2018年1月 5日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 305


     津田八幡宮へ初詣り

  初日の出は、徳島市のホテルで迎えた。数の子・黒豆など正月定番料理は、バイキング方式でいただいた。雑煮は年寄りの事故を考えてか、うどんで用意されていた。食後に餅つきのイベントがあり、それを見学して香川県へ移動した。
 瀬戸内の海岸沿いに県境をこすと、松林に囲まれた津田八幡宮へ着いた。穏やかな地で、初詣りをした。ここの狛犬は、驚いたことにオオカミ像である。
 かなり前に、奈良県東吉野村を訪ねた折、野生の狼が最後に確認された場所とかで、石像が建っていた。
 現在、狼は限られた動物園にしか飼育されていない。Jリーグ・セレッソ大阪のマスコット「ロビー」とか、童話・「赤ずきん」「三匹の子豚」「嘘をつく子供(オオカミがきたぞ…)」などに登場する。悪役として人気キャラクターである。精悍な顔立の横綱・千代の富士は、細身で筋肉質な体型から「ウルフ」といわれ強かった。
 雨の少ない香川県にとって、農作物を食害する鹿などを追い払って欲しかったのかも知れない。京都の石清水八幡宮を勧請して立てた宮である。
 夏場は、海水浴で賑わうらしい。白砂青松の美しい海岸であった。


 
 


Dscf4871


Dscf4877


Dscf4883


Dscf4884


« 広谷喜十郎の歴史散歩 304 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 307 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/66243407

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 305:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 304 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 307 »