« 広谷喜十郎の歴史散歩 297 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 299 »

2017年10月21日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 298


    「今を生きる禅文化」特別展と白隠について

 高知県立歴史民俗資料館の特別展が始まった。初日には、臨済宗有馬頼底猊下の講演があった。これが人気で、予約申し込みは受付初日に満席になったとか。国宝・国重要文化財など、県内外から前・後期併せて100点余が展示されると云う。
 2日目に観覧に行ってみた。地方での博物館事業として、よくぞこれほど内容の濃い立派な展示ができたと、感じた。白隠禅師没後250年記念事業の流れを受けたからこそであろう。
 以前、京都の禅寺をいくつか訪ねていた時、京都文化博物館で「白隠・禅と書画」展にも行った。この禅師は、江戸時代中期の臨済宗中興の租といわれる、破格の人物であったと、いう。展示品を拝見しながら、驚きの連続であった。この展示の図録の中で、解説文を書いた専門家が「驚き、桃の木、山椒の木」と結論づけている。外国人の評論家も「現代西洋哲学の源流」につながる人物だと、高い評価をしている。
 彼は駿河(静岡県原町)生まれ、富士山の噴火等天変地異に恐れを抱き15歳で出家したという。24歳の時、一晩中座禅をしていた時に悟りを持つことが出来たと云われる。その時の気持を「南無地獄大菩薩」と、書き残している。彼の凄さは、禅宗の教えを体系的にまとめただけではなく、庶民の為に仮名書きしたり、迫力のある手紙や歌を書き、禅画や墨書を能くした。なかでもダルマ絵が有名である。(今回の展示で、草流舎の田村さんの「ダルマ絵付」教室も行われる)白隠師は、故郷に近い龍澤寺に道場を設け、生涯をこの地で過ごした。「駿河には過ぎたるものが二つ有り、富士のお山と原の白隠」と唄われるほど有名であった。吸江寺の小林玄徹師もここで厳しい修行をされたと聞く。
 夢窓疎石は、浦戸湾内の絶景を愛し、『碧巌録』より吸江の二字を獲て命名した。草庵の眼前に広がる浦戸湾の風景を中国の西湖に見立て、吸江と名付けた。「吸江十景」を選んでいる。
 佐川町のくろがね窯の竹村脩氏がこの絵を抹茶碗に絵付けしていた。妻がこれを所持していたが、玄徹師に差し上げた。
 浦戸湾の埋め立てが進み、吸江からの眺めもずいぶん変わった。先日の「ブラタモリ」の番組でも可哀想な浦戸湾風景であった。

Dscf4682


Dscf4691


Dscf4688


Dscf4685


Dscf4684


« 広谷喜十郎の歴史散歩 297 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 299 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65944494

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 298:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 297 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 299 »