« 広谷喜十郎の歴史散歩 294 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 296 »

2017年9月15日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 295


     中土佐町の大正市場

 今夏、中土佐町に新しい道の駅が開設された。その直後に、訪ねてみた。大変な賑わいぶりで、食堂の順番待ちは大変であった。
 日を代えて、大正市場の方へ「メジカの新子」を食べにいって見た。こちらも大賑わいで、田中鮮魚店の場合、食堂で「ご飯セット(飯・みそ汁)¥250」を予約し、魚屋でメジカの新子・カツオ等の刺身等を買う。それを大皿に盛りつけてもらい、カツオのハランボは、塩をふっての焼きたてが食べられるようになっている。メジカ(ソウダガツオ)の新子は、この時期しか食べられない。目の前で、捌いた新子のさしみに、ブシュカンをきゅっと絞り、炊きたてご飯で食する。身体中に元気が、満ちてくる。
 このような庶民的な市場の光景が、残っている「大正市場」のことを紹介しよう。
 中土佐町久礼にある大正市場は、明治時代から地元の台所として賑わっていた。ところが、大正4年、大火で大きな被害が出た。それを知った大正天皇から復興費が下賜された。そこで、町民たちは「地蔵町」を改め、「大正町」としたので、「久礼大正町市場」としたものであると云う。この町の通りを歩くと、「久礼てんぷら」・カツオだしを使用した「ところてん」など、親しみを感じる光景が現存している。
 いま、ソウダガツオの不漁が大問題になっている。この魚の節(ふし)から作られる出汁は、うどんやそばつゆに使われる。高知県産は、全国シェアの7割を占めているから、この魚を廻る問題に注目している。
 また、これからは「戻りカツオ」のシーズンになる。これも楽しみである。
 

Dscf4635


Dscf4641


Dscf4637


Dscf4639

Dscf4642


« 広谷喜十郎の歴史散歩 294 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 296 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65792151

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 295:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 294 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 296 »