« 広谷喜十郎の歴史散歩 289 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 291 »

2017年8月13日 (日)

広谷喜十郎の歴史散歩 290


      気象解説の倉嶋氏逝去

 8月になり、迷走台風に振り回され高知県では花火大会や行事が延期や中止になったりした。
 高知市の花火大会・よさこい祭りは、順調に行われた。
 8月5日、NHK気象解説で人気者であった倉嶋さんが93歳で死去されたとの報道に接した。彼は気象台に定年退職まで勤めていた。そして、NHK気象解説者となり、「ニュースセンター9時」で気象現象をわかりやすく解説し、温かみのある説明で多くの人に支持された。
 その後フリーになり、講演活動など、活躍した。一時期、妻の死で体調を崩したが、その著『やまない雨はない』に、記されているようにそれを乗りこえて活躍した。その成果がフランスの国際気象フェスティバルのベストデザイン賞の受賞に繋がった。

 このところの異常気象・北九州の集中豪雨や迷走台風が気がかりで、倉嶋氏の『暮しの気象学』を読んでいたところであった。そのなかに、ズバリ。「異常気象はなぜおこる」、「ゲリラ型災害」、「集中豪雨の正体」、「異常気象とその対策」、「異常気象にどのように備えるか」など、克明に書かれている。
 1984年に出版されたものであるが、2017年の今日にあっても決して色あせていない。民間学者でありながらの書いたものが生き続けている力量に圧倒される。
 倉嶋さんありがとう。ご冥福をお祈りいたします。
 
Dscf4513


Dscf4500


« 広谷喜十郎の歴史散歩 289 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 291 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65658156

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 290:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 289 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 291 »