« 広谷喜十郎の歴史散歩 280 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 282 »

2017年5月 6日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 281

     IT時代

 世の中が浮き立っているゴールデンウィーク。人並みに休暇を得た次男が老骨を連れ出してくれた。
 宿毛・宇和島方面へ。懐かしい足摺の海を見たり、妻の昔の教え子に再会した。
 翌日、宇和海に沿って北上した。宇和島湾に面した港にある「回天寿司屋」で昼食。寿司ネタは、以前に訪ねたとき同様新鮮で美味しい。驚いたことは、注文方法。以前同様書いたり、声かけも出来る。が、席にあるタッチパネルで注文する。高知市内でも先日食事に行った店で、この方式であった。
 我が家のパソコンとプリンターの接続も無線LANである。私には、全く手も足も出ない。
 30年程前、図書館の職員であった時分のことである。工学部の学生であった長男が、我が家の書庫の整理にも、図書館の本の整理にもIT化が必要と奨められた。提案をしてみたが、同僚の猛反対でボツ。我が家の書庫も未整理状態。これは、何とかせねばならない。
 今では、銀行員が小型の機器を提げて来て契約したりする。携帯電話とパソコンは、不可欠な時代になった。化石人間になったことは情けないし、仕方がないだろう。

Dscf4267


Dscf4266


« 広谷喜十郎の歴史散歩 280 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 282 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65242465

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 281:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 280 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 282 »