« 広谷喜十郎の歴史散歩 279 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 281 »

2017年4月24日 (月)

広谷喜十郎の歴史散歩 280

      鯉のぼりの季節
 
 花散らしの雨風が強く、桜の季節が一気に終ってしまった。
 近所の農家の庭先にどっしりした2基が作られていた。長い孟宗竹も用意され、準備完了?であった。鯉が泳ぐのを待ちかねていた。
 22日、待望の鯉のぼりが上がった。からからと金属製の風車もまわっている。もう1つの竿には、縦のぼりで家紋がつき、大きな赤鯉と金太郎が描かれている。
 この辺りも、農地が少なくなり住宅街になってしまった。男の子が生まれたよ、元気だよと、お家の喜びが発信されているようだ。
 澄みきった空には、トンビが輪をかいて飛んでいる。

 四万十町十和の川渡し、佐賀町のカツオのぼり、いの町仁淀川の川に泳ぐ鯉、各地で競ってアイデアを出し進化している。
 商店街では、フラフで初夏らしさを演出している。
 
我が家では、5才の孫が朝顔の種まきをした。カツオが美味しくなったし。

Dscf4228


Dscf3540


« 広谷喜十郎の歴史散歩 279 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 281 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65190619

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 280:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 279 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 281 »