« 広谷喜十郎の歴史散歩 278 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 280 »

2017年4月 8日 (土)

広谷喜十郎の歴史散歩 279


近所でお花見

 先の日曜日、近所の大谷公園でお花見をした。5才の孫がよく行く公園を皆に紹介したく、ママのお誕生日も兼ねて計画した。
 先日食事会をした折、貰ってきたパンフレットにより妻がお弁当を注文した。花粉症の孫は、専用めがねをかけながらも走り回って、皆に公園を紹介し楽しんでいた。
 
 朝倉といえば、女性天皇・斉明天皇を祀る朝倉神社に因んだ地名である。国立高知病院の前の鵜来巣から針木集落辺りまで、海であったと云われる。「乙女湊」など地名があったこと等からも理解できる。やがて、海岸線が後退して人家や水田耕作も行われるようになるが、湿地帯故の苦労が多々あったようで、何かと語り継がれている。
 昔は、「網代谷川」と呼ばれていた。この地の開発に伴い、大谷団地が出来、公園が設けられた。
 この公園には、遊具も各種あり、手入れもされている。

Dscf4198


Dscf4199


Dscf4202


Dscf4204


« 広谷喜十郎の歴史散歩 278 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 280 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/65123409

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 279:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 278 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 280 »