« 広谷喜十郎の歴史散歩 272 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 274 »

2017年2月 7日 (火)

広谷喜十郎の歴史散歩 273

    恵方巻から立春へ

 2月3日の節分。最近は、縁起のよい方に向かって巻寿司を食べると福がやって来ると宣伝されている。数年前までは、煎り大豆を齢の数だけ包み辻に置いてくる、とされていた。今年も辻に置かれた紙包みの大豆が哀れである。
 「恵方巻」のほうが、環境保全のためにも近所迷惑にもならず有効であろう。恵方巻の風習は、関西地方が発祥の地だと言われているが、海苔問屋あたりの宣伝だとの説が有力である。最近になり、大手コンビニが目を向け、スーパーやコンビニの競争商品になっている。
 我が家では、食物アレルギーのある孫のためにお婆ちゃん特製のり巻きを作った。5才の孫娘は、2本をペロリと平らげた。爺は、目尻が下がるのみである。こうして、春を迎える行事が後世に伝わることは嬉しい。
 湯浅浩史著『植物と行事』(朝日新聞刊)によると、節分の日の豆まき行事が有名になっているが、ヒイラギを出してくる方がもっと古くからあるという。
〈文献上では、千年もさかのぼる。平安時代、紀貫之は元旦に都を偲び「今日は都のみぞ思ひやらるる。小家の門に端出之縄、なよしの頭、ひひらぎ等いかにぞ言ひあへる。」と『土佐日記』に書いた〉と、紹介している。ここでの魚「なよし」はボラだという。なお、別書によると、豆まきは中国伝来の行事で、後代の室町時代だというからヒイラギの行事は古くから存在してたことになる。
 サンタさんが持ってきてくれた愛車に乗って、散歩に出かけた孫は、春を告げる草花を「お土産」と、爺に持ってきてくれる。


Dscf4106

Dscf4057_2


« 広谷喜十郎の歴史散歩 272 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 274 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/64862649

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 273:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 272 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 274 »