« 広谷喜十郎の歴史散歩 256 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 258 »

2016年9月23日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 257

     ソウダカツオの新子を食べに

 今年のソウダカツオの新子まつりは、須崎市で9月3日におこなわれた。新聞報道によると、約5000人が集まり、大いに賑わったと云う。翌日は台風接近のため中止された。
 先の日曜日、中土佐町の大正市場へ次男に連れて行ってもらった。田中鮮魚店では、向かいの食堂で「ご飯セット」を注文して待つうちに、「新子」が運ばれる。カツオとサゴシの焼き霜造りも注文した。
 「新子」は、シンマエとも呼ばれる。「マルソウダ」の幼魚で、成魚は血合いが多いので生食されることは少ないが、この期のみに食される。話題のDHAやEPAが含まれ、脳の働きを活発にし血液をサラサラにするとか。成魚は、麺類等の出し用のソウダガツオ節に生産される。
 須崎の新子は「皮」付きの刺身である。
 「スマガツオ」と呼ばれるものもこの仲間である。田舎暮らしになって、生魚を食べる機会が激減した。もうすぐ新もののサンマがやって来る。待ちどうしい。戻りカツオのシーズンもまもなくだ。


 


Dscf3805


Dscf3806_5
   いちばん下がマルソウダ


Dscf3801


« 広谷喜十郎の歴史散歩 256 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 258 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/64243998

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 257:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 256 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 258 »