« 広谷喜十郎の歴史散歩 216 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 218 »

2016年1月 1日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 217

   新年おめでとうございます

 今年も元気を出して、頑張りたいと思います。高期高齢者ではありますが。
 難を去るのサル年でありますように。
 まだ足腰が達者な時に、九州の久住山登山を試みました。山頂近くに、大きな猿岩があったことを思い出します。サルが踞っているような姿でした。九重で買った民芸サルも可愛い。魔が去るのサルだとか。
 生サルは、本川村を訪ねた時にカラスとサルのバトルを見かけました。写真を撮る間もなく、サルは山中へ。
 
 今年もご愛読お願いいたします。
             
             ↓猿岩

Dscf3294


Dscf3304


« 広谷喜十郎の歴史散歩 216 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 218 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/62953649

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 217:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 216 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 218 »