« 広谷喜十郎の歴史散歩 48 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 49 »

2012年11月 4日 (日)

広谷喜十郎の歴史散歩 48 (おわび)

 先日の48号、「吉備大臣入唐絵巻」を見学。に誤りがありました。お詫びして、訂正させて頂きます。
 天心の弟子・富田幸次郎は、高知県出身の富田幸次郎(1872〜1938)とは別人でした。
 天心の弟子の富田氏は、1890~1976で、10代から半世紀以上アメリカのボストン美術館に在職。
 1931〜1962の間東洋部長の地位にあった。
 この時期は、日本では「茶道」に使えないものは、売れなかったようだ。三十六歌仙のようなものは、切断分割して購入する方法もあった。
 よくぞ、アメリカで保存された。これも運命だろうか。空爆を受けなかったことは幸いである。

 また、「安倍の仲麻呂」は、「阿倍仲麻呂」が一般的な表現でした。

以上、二点訂正させて頂きます。

« 広谷喜十郎の歴史散歩 48 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 49 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/56040448

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 48 (おわび):

« 広谷喜十郎の歴史散歩 48 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 49 »