« 広谷喜十郎の歴史散歩 3 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 5 »

2012年2月 3日 (金)

広谷喜十郎の歴史散歩 4

   諏訪信仰

 今冬の寒さは格別である。
 長野県の諏訪湖では、「御神渡り」が期待されている。これは、氷結した諏訪湖の湖面は、更に気温が下がると氷が収縮し亀裂が入る。その隙間に水が入り、薄い氷ができる。日中、気温が上がって氷が膨張し、両側からの圧力で薄い氷が割れ、せりあがる。この繰り返しで、「御神渡り(おみわたり)」現象が起きる。湖岸から湖岸まで数キロの道ができる。
 神社の男神が、下社の女神のもとへ渡る恋の道である、というロマンチックな言い伝えがある。
 数年前、信濃一之宮・諏訪大社(上社本宮・前宮、下社春宮・秋宮)を参拝した。この神社の本殿は、上社では山を、下社では神木をご神体としている。原初的な神を祀る姿を、今に伝えている。この分社は全国に、約一万社あるという。
 高知県内の諏訪神は、狩猟の神として山間部に多く祀られている。高岡郡佐川町・西佐川駅近くにある諏訪神社は、鎌倉時代末期に信州より勧請したといわれる。境内の大クスノキは、推定約八百年(高知県の文化財指定)であるから、神社の古さが解る。
 この神社には、近郷の猟師たちや深尾氏によって篤く信仰されていた。古くから神社には、捕獲されたイノシシの足先を奉納している。
 かつて、深尾氏は、イノシシの頭を猿丸山頂不入山の森に埋めるを例としていたという。
この山麓には、百人一首でお馴染みの猿丸大夫の墓所と伝わる場所がある。
〈奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき〉

« 広谷喜十郎の歴史散歩 3 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 5 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/53892734

この記事へのトラックバック一覧です: 広谷喜十郎の歴史散歩 4:

« 広谷喜十郎の歴史散歩 3 | トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 5 »