トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 1「龍のはなし」 »

2012年1月22日 (日)

テスト


テストです。

トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 1「龍のはなし」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

広谷喜十郎の歴史散歩
 はじめに
高知市広報紙に、「高知市の歴史」を連載し320号で終わりになりました。
 まだまだ書きたいこと、知っていただきたいことがたくさんあります。
 そこで、地域を広げて歩いていきたいと思います。
☆☆☆☆☆☆
2012 第1号 「龍のはなし」
 今年は、辰(龍)年である。私は毎年の賀状の図柄に、社寺に奉納されている干支にちなんだ動物像を利用させていただいている。
 今年は、百人一首で有名な滋賀県の「近江神宮」に参拝した折、外国メーカーが奉納した龍の形の「古代日時計」を拝借した。
 これは、「約四千年前中国で、夜間の時を計るものとして用いられたものの復元品。龍の両側約十センチ間隔に、計十四個の球がつりさげられている。線香のの火が燃え進むと糸を切り、球が落下。下の銅鑼が鳴り、時を告げる仕掛け」になっている。神社の境内には、時計博物館がある。天智天皇が、初めて水時計(漏刻)を使用されたのが、6月10日にあたり、時の記念日となっている。
 今年の年賀切手の図柄は、いの町の民芸店「草流舎」製作の龍の張り子が選ばれた。これは、最高級の雁皮紙など8枚の土佐和紙を貼り重ねて、作られている。ここのお客さんから、干支に因んだ神社や信仰についてもよく尋ねられるという。
 土佐の龍神信仰については、次号に。
 

広谷喜十郎の歴史散歩
 はじめに
高知市広報紙に、「高知市の歴史」を連載し320号で終わりになりました。
 まだまだ書きたいこと、知っていただきたいことがたくさんあります。
 そこで、地域を広げて歩いていきたいと思います。
☆☆☆☆☆☆
2012 第1号 「龍のはなし」
 今年は、辰(龍)年である。私は毎年の賀状の図柄に、社寺に奉納されている干支にちなんだ動物像を利用させていただいている。
 今年は、百人一首で有名な滋賀県の「近江神宮」に参拝した折、外国メーカーが奉納した龍の形の「古代日時計」を拝借した。
 これは、「約四千年前中国で、夜間の時を計るものとして用いられたものの復元品。龍の両側約十センチ間隔に、計十四個の球がつりさげられている。線香のの火が燃え進むと糸を切り、球が落下。下の銅鑼が鳴り、時を告げる仕掛け」になっている。神社の境内には、時計博物館がある。天智天皇が、初めて水時計(漏刻)を使用されたのが、6月10日にあたり、時の記念日となっている。
 今年の年賀切手の図柄は、いの町の民芸店「草流舎」製作の龍の張り子が選ばれた。これは、最高級の雁皮紙など8枚の土佐和紙を貼り重ねて、作られている。ここのお客さんから、干支に因んだ神社や信仰についてもよく尋ねられるという。
 土佐の龍神信仰については、次号に。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583888/53794388

この記事へのトラックバック一覧です: テスト:

トップページ | 広谷喜十郎の歴史散歩 1「龍のはなし」 »